トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

特別限定車 “THRUXTON RS TOKYO HERITAGE EDITION”

この5月に5年目を迎えるトライアンフ東京。

それを記念して(?)オリジナルの特別限定車を製作いたします。


名称:THRUXTON RS TOKYO HERITAGE EDITION
仕様:ヘアライン加工セミマットアルミニウム調ペイントフュエルタンク&シートカウル、ブラックアルマイトペイントフロントフォーク、本革キルティングシート、リアフェンダーレスキット 、LEDウィンカー、ローハンドルキット and more…

1960年代のロンドン、ロッカーズが集う夜のカフェを拠点にスリルとスピード、そして何よりクールなスタイルを追い求めたライダーズ。

いつしか彼ら自身、そして彼らがカスタムしたモーターサイクルは「カフェレーサー」と呼ばれるようになったといわれています(ショセツアリ)。

そんなカフェレーサーの神髄を現代に蘇らせたTHRUXTON RSをベースに、”HERITAGE”なエッセンスをふんだんに盛り込んだスペシャル・リミテッド・モデルをリリースいたします。

まだ見ぬカスタム限定車、もちろんカタログなんてありません。

手掛かりはトライアンフ東京ショールームのウォールアートに描かれたイメージイラストのみです(イマノトコロ)。

5月末までにはサンプル車両を製作し、お披露目させていただく予定です。

マックス5台限定(うち1台は売約済み)の完全受注生産です。

 

That’s so Hot but really Cool !

Yes, it’s a real badass moto !

お問い合わせならびにご予約は、こちら↓まで。

office アットマーク triumph-tokyo.jp

03-4400-7500(担当:加賀)

ご連絡をお待ちしております!!


あっ、そうそう FREE WALL ART EXHIBITION も(意外なほど)大好評展開中です。

さっそくご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます!

あなたもトライアンフ東京ショールームで「ラクガキ」の楽しさを思い出してみませんか?

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

Cherry blossoms at night in the deep rain

日曜日の夜、仕事終わりにふと桜を見に行きたいと思い、深々と降る雨の中、私は車を走らせた。

ライトアップなど期待せず、ただ今逃してしまったら今年は観賞できないと思ったことがきっかけだ。

下調べ等はしなかったが、知人が「川越にある新河岸川の桜並木がきれいだよ!」という言葉を思い出した。

 

小一時間、雨の降る中、車を走らせ新河岸川に着いた時は21時。

川の入り口は暗闇に包まれており、やはりライトアップはされていない。

しばらく川沿いを走らせていると、一部明るい桜並木が見えてきた。

「あっ。ライトアップされてる」

胸を躍らせ、車を止め一眼を持ち車を降りた。

 

日曜の夜、雨ということもあり、人は疎ら。

カメラで構え、1枚パシャリ。

風もあり、三脚もなかったため、手ブレに苦戦。

川に花びらが積もり、ピンクの絨毯。

アングルを考え、再度カメラを構えパシャリ。

幻想的な世界でした。

小雨と少し暖かい風。

 

最後に花びらのアップを・・・

と求めましたが暗闇のため難しく。

ただ一枚素敵な写真があったのでこちらを。

 

この時、私は何を思ったのだろう。

コロナが更に猛威を奮っている今、今年もまた過ごしづらい一年となりますが

皆さまが健康でいられることを第一と考えております。

 

あっ。名乗り忘れました。

桑田です。

Webストア(通販サイト)


 

第6回 スペシャル ワインディング試乗会(5/2)

昨年の秋、COVID-19対策を施したうえで開催した第5回 スペシャルワインディング試乗会。

終了時には一分間だけ「密」になり、急いで集合写真を撮りました。

おたがいに口元が見えなくても、あふれる笑顔はマスクからこぼれて伝わりました。

その場で交わした約束は、ガードレールにプリントされているように

“See you next spring”

 

 

はい、もうすでに next spring ですよね!

ってなわけで。


第6回 スペシャル ワインディング試乗会  -Special Winding Ride and Cafe Meeting on R411-

日時:5月2日(日)10:00-16:00(最終受付 15:00)

発着点:Rider’s Cafe 丹波RIVER

試乗車:TRIDENT 660, Speed Triple 1200 RS, Street Triple, Tiger 900 and Thruxton RS(車種変更の可能性あり)

条件:運転免許証の撮影、試乗誓約書への署名、ワンドリンクオーダー

首都圏ライダーにとって聖地のひとつともいえるR411を舞台に、ワインディング試乗会を開催いたします。

ご予約は不要ですので、会場の「丹波RIVER(多摩里場)」へ直接お越しください。

ひとりでも多くのライダーに、トライアンフが持つスポーティーな魅力をご体感いただければ幸いです。

 

渓流沿いの森の中、すがすがしい空気を胸いっぱい吸い込みながら、雲取山ブレンドコーヒーを片手にみなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

ラクガキノ スゝメ

みなさん最近ラクガキしてますか?

子どもの頃、あちこちにラクガキをして怒られた貴方。

その鬱憤を晴らす時がついにやってまいりました!

TRIUMPH TOKYO  FREE WALL ART EXHIBITION」スタートです!!

2017年5月以来、トライアンフ東京ショールームのアイコン的存在だった階段部分のウォールアート。

Tiger Explorerの傍らに立ち、荒野を見下ろす一人のライダー。

ご納車時の記念撮影でも背景によく映っていますので、見覚えのある方も多いかもしれません。


さて、この度トライアンフ東京では節目となる5年目を迎えるにあたり、このウォールアートを一新いたします。

どんなグラフィックになるか?

もうすぐファイナルアンサーを出しますが、お披露目はオープン記念月である5月はGW明けの予定です。


つきましては。

ここから本題。

前述の現ウォールアートをキャンバスに「フリーアート・エキシビション」を本日(4/7)より開始いたします。

たまたま遊びに来ていただいたお客様をはじめ、すでに数人の方々に描きこんでいただきました。

みなさんもご一緒にいかがですか?

ショールームにてペンのご用意もしていますが、ご自身のペイントギアをご持参いただいてもOKです。

壁にもある通り「Why don’t you join us?」ですよー。

レセプションに一声かけていただければ、いつでもどなたでもウェルカム!

ご来場を心よりお待ちしておりまーす。

 

ところで、マル中さん「T love」の「T」ってだれっすか?

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

【延期】ライディング・アカデミー開催のご案内

5/9追記:諸般の状況を鑑みて延期とさせていただきます。

日程が決まり次第あらためてご案内させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

トライアンフ東京/東京ベイ主催によるライディング・アカデミーを開催いたします!

※画像はイメージ


– TRIUMPH TOKYO / TOKYO BAY RIDING ACADEMY –

日時:2021年5月24日(月)要早起き

会場:袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)

講師:ケニー佐川

参加費(予価):20,000円(レクリエーション保険・ランチ・消費税込み)

参加可能車種:トライアンフ全モデルならびに他メーカー400ccオーバーモデルの二輪車

参加車両条件:車検適合基準から著しい逸脱がない車両であること、現行トライアンフのスポーツ系モデルと比べ著しい動力性能差がない車両であること(オフロード系、ボバー系、クルーザー系、スクーターなどは基本的にNGです。その他は個別にご相談ください)

ドレスコード:脊髄・肩・肘・膝の各プロテクターを備えたライディングウェア(革ツナギが望ましい)、くるぶしを覆うライディングブーツ、革製グローブ


参加をご希望される方もしくはご検討いただける方は、以下の内容をご記載の上メールにてご意向をお知らせください。

送信先メールアドレス:office アットマーク triumph-tokyo.jp

■氏名 ■電話番号 ■車両名 ■サーキット走行の経験値

当日は中級者の方にもご満足いただけるようにクラス分けを行いますが、本来の趣旨としては「サーキットデビュー!」な方向けのプログラムです。

「自信はないけど、愛車でサーキットを走ってみたい!」方もお気軽にお問い合わせください。

ご連絡を心よりお待ちしております。

 

 

 

Webストア(通販サイト)