トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

信州紀行 (視察編)

10/15(火)- 16(水)、1泊2日で信州に行ってきました。

もともと10/16(水)は日帰りで松本に行く予定だったのです。

元松本市民の私は、この街を今でも故郷のように感じているので、「帰省」に近い感覚です。

 

あたえられたミッションはみっつ。

M-1:Booyah次号発行に向けての取材をサポートせよ!

M-2:東京から松本までボバーを自走で運び、帰りはタイガーを回送せよ!

M-3:純正クロージングのインプレッションを報告せよ!

大好きな街で華さんに会える!

ボバーもタイガーも長距離を走るのは久しぶり!

しかも、新しいジャケットのお試しまで!

→無表情を装いつつ、秘かに楽しみにしていました。

 

さらに、その翌週には信州への1泊ショップツーリングも予定されていました。


そんな時に、あの台風でした…。

実際に被害に遭われた方のことを思うと心が痛むばかりで言葉もないのですが…。

ツーリングを決行するにしても中止するにしてもこの目で現状を確かめてからにしたい気持ちと、愛する信州に対する想いで、予定よりも1日早く火曜日の朝にボバーで東京を発ちました。

早朝まで降っていた雨もやみ、関越道・上信越道ともに快調なライディングでした。

ただし松井田妙義ICから先には行かれません。

平日の午前中なのに、出口は渋滞してます。

一般道も、ご存知のように あちらこちらで通行止め。

迂回すれば大渋滞。

やっと抜けたと思ったら、土砂崩れや泥だらけの路面。

すれ違うのは災害復旧支援の自衛隊車両。

こんな時にバイクを走らせていて良いのだろうか?と、自らに問いかけてしまいました。

ツーリングライダーとすれ違っても、とてもサインを送る気にはなれませんでした。

 

それでも、見上げれば青空。

風は少し肌寒いですが、台風の影響が少なかったエリアには秋らしい景色が広がっていました。

路面だって、きれいなところは本当にいつも通りの状態です。

でも、調子に乗ってコーナーに飛び込むと、その先には泥が積もっていたり、池になっていたりして…。

美しい風景とのギャップに、戸惑うばかりでした。

なんとかツーリング決行に向けての方策はないかと考えながらも、安全がもちろん最優先です。

ボバーを走らせながら迷いましたし、難しい判断でもありましたが…。

その日の午後早くには中止の決断をし、ショールームと関係各方面(宿泊先など)に連絡を入れました。

その時点で万座温泉の手前にいたのですが、さぁこれからどうしよう?

引き返すのも癪だし、そのまま予定されていたルートをトレースすることにしました。

志賀草津道路から

渋峠

外気温は、1℃

ってゆーか、前見えねーし

スノーシェルターの中では、泥がシャーベット状になっていました。      アブナイアブナイ

ゆっくりゆっくり ふもとまで下りるとともに

木々は色づき始め

ゲレンデの周辺では、紅葉も楽しめました。

でもすっかり身体が冷えてしまったので、そこからは一気に松本へ。


正直、あまり楽しいツーリングではありませんでした。

でも、見ないで可否の判断をするのはイヤでした。

ここに来る必要があったし、来てよかったと思っています。

被災された方々に一日も早く穏やかな日常が戻ることを祈りつつ、来年こそ このツーリングを実現できるよう願うばかりです。

 

 


 

WEBストアでもキャッシュレス還元あります!

今年の秋は何かおかしい!

「もうすぐ夏が来るぞ!」と言わんばかりの30℃越えからの、本日は20℃近くまで気温を落とすというドSっぷり!(*´Д`)

こう気温がコロコロ変わると、ライディングウェア選びも考え物ですね。

 

さて!本日!声を大にして!皆様にお伝えしたいのは!

「トライアンフ東京WEBストア キャッシュレス還元あるってよ」です!

 

お店にたくさん届いたPOP。そんなに貼る場所がないよぅ・・・。

 

消費税が改定されて明日で早一週間。

キャッシュレス還元について未だに把握しきれず四苦八苦しているOKBはふと気になりました。

「通販でクレジットカード払いにしてもキャッシュレス還元受けられる・・・のか?」

 

答えはYES!!

WEBストアでのお会計でクレジットカード決済をご利用いただければ、「5%還元」が受けられます!!

※還元される時期についてはご利用のカード会社にお問い合わせください。

 

・・・あれ?

消費税2%上がって・・・5%還元されて・・・あれあれ?????

とにかく何だかお得そう!( *´艸`)

 

いま当店には「2019 AUTUMN / WINTER」、「MOTO2 COLLECTION」、「ACE CAFE COLLECTION」と新商品が出揃っております。

中には既に品薄の物もちらほら。

もちろんWEBストアにも載せておりますので、早めにチェックしてみてくださいね♪(=゚ω゚)ノ

 

Webストア(通販サイト)

 


 

Rider’s Story 【along the river】

山間を川が流れている。

黒いオートバイが、岸辺の国道を上流に向けて走っている。

ライダーは、もう若いとは言い難い年齢の男性だ。

昼食にはまだ早い、中途半端な時間帯。

交通量の多い対向車線に対し、彼の前方に車両の影はない。

知らず知らずのうちに彼のペースは上がり、やがて一台のトラックに追いついた。

彼は、法定速度を少し下回るまでスロットルをゆるめた。

 

センターラインは白だ。

このトラックさえ追い超せば、再び前方はクリアになる。

タイミングをうかがっていた彼は、対向車が途切れた瞬間に追い越しをかけた。

その直後、前方のトラックが猛然と加速した。

ほんの少し無理をすれば、それでも追い越すことはできただろう。

だが彼は自重して、次の機会を待った。

 

川に沿ってカーブを繰り返す国道。

しかし、ふと前方に平野が広がり、遠くまで見渡せる直線に出た。

ここなら難なくトラックをパスできる。

しかしあろうことか、ウインカーを灯し追い越そうとするオートバイを右のドアミラーに認めたトラックのドライバーは、対向車線に車体をはみ出させて追い越しを阻止した。

ライダーは怒りの感情を覚えたものの、やむなく元の車線に戻った。

クラクションを鳴らすことを思いとどまるのが精いっぱいだった彼は、ふとヘルメットのシールドを開けて空を見上げた。

 

いい天気だ。

風の中に、秋の気配を感じた。

追い越しをあきらめた彼はトラックとの車間距離をあけ、川沿いの景色を眺めながらのんびり走ることに決めた。

 

その時だった。

前方左側の路側帯に立つふたりの警察官が視界に飛び込んできた。

手には赤色誘導棒と「止まれ」と書かれた赤いフラッグ。

速度取り締まり、いわゆる「ネズミ捕り」だ。

法定速度以下で走るトラックとオートバイは、当然そのまま通り過ぎた。

間もなくそれぞれのバックミラーから警察官が消えて、短い直線に差し掛かった。

トラックのドライバーは左のウインカーを点滅させるとともに、窓から右手を出してライダーに先行を促した。

単独走行だったら、間違いなく今頃…。

一瞬にしてトラックを追い越したライダーはすべてを悟り、左腕を上げてドライバーに合図を送った。

サンキュー。

メーターの針は法定速度をほんの少しだけ超えた数字を指し

ミラーに映るトラックはゆっくりと小さくなっていき

やがて見えなくなった。

 

 

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

The Distinguished Gentleman’s Ride 2019

10月に入ったのに、30℃越え…。

このままだと、「秋」がほとんどないまま寒くなってしまうのではないかと、ちょっと不安になりますね(>_<)

 

さて。

先日、フォーミュランド・ラー飯能さんでBooyah Cup Vol.2が行われていた9月29日(日)、千葉は幕張でもう一つイベントが開催されておりました。

The Distinguished Gentleman’s Rideです。

 

The Distinguished Gentleman’s Ride、通称DGRは、男性の健康サポートを目的に前立腺癌研究と自殺防止活動に使用するための募金を集めることを目的に、古き良き時代のバイクスタイル、ファッションを身につけた紳士、淑女がトラディショナルなバイクでチャリティーランを行うという内容のイベントです。

 

トライアンフ・ジャパンもサポートをしているイベントですが、トライアンフ東京からは上記のツーリングと被っていた事もあり、特にお客さまにお声がけをしての参加はありませんでした。

 

ですので、イベントの内容についてはVIRGIN TRIUMPHさんの記事を読んでいただくのが一番良いかと思います。

他人頼みでごめんなさい(´Д⊂ヽ

 

そんなカンジだったので、当日はDGRの雰囲気は味わえないなぁ…と思っていたら!!

トライアンフ東京の駐車場に、紳士淑女のタンデム車両が入ってくるではありませんかっ(=゚ω゚)ノ

 

当店ツーリングにもよくご参加くださっているげるさんでしたヾ(≧▽≦)ノ

※本来なら「様」とするところなのですが、どうにもしっくりこなかったので「さん」で失礼いたします。

 

カートにも参加したかった(とおっしゃってくださってありがとうございます(T_T))けど、今回はDGRに行ってきた、との事で、わざわざお立ち寄りくださいました。

 

そんな訳で、当店の映えスポットで写真撮影(*^▽^*)

DGR_げるさん

いやぁ。決まってますねぇ(*´ω`*)

 

ここで調子に乗った駒田は…。

 

サングラスかけてください~!!

DGR_げるさん

ヘルメット被ってください~!!!

DGR_げるさん

めちゃくちゃ素敵なんで、奥さまも是非ご一緒に!!!!

DGR_げるさん

…すべてのわがままを聞いてくださって、ありがとうございました(感謝)

 

結局、店内で休んでいらっしゃる間にツーリング組も帰ってきて、顔見知りのお客さまとも会う事ができたようです。

 

…ようです、というのも、駒田は消費税率改定の為クロージングのプライスの付け替えをしていたので、1階での出来事が全く分からなかったのです…。

 

げるさん、奥さまありがとうございました!!

 

そういえば、げるさんには最初からいろいろとわがままなお願いをしておりました(笑)

Christmas Photo Sessionsの時も、「良かったらどうですか?」からの「サンタ帽被ってください!!」だった気が…(。-∀-)

 

そんな訳で、げるさん。

これからもどうぞよろしくお願いいたしますヾ(≧▽≦)ノ

 

Webストア(オンラインショップ)

 


 

第4回 スペシャル ワインディング試乗会

もはや恒例イベントとなり、毎回大好評をいただいている「スペシャル ワインディング試乗会」。

約束通り、この秋もやりますっ!

11/3 文化の日に開催する予定です。

「モーターサイクルを大人の趣味として、そして文化としてこの国に根付かせたい!」

そんな願いを込めました。               ホントカ?

会場となる多摩里場のマスターが、文化的な企画をいろいろ考えているみたいですよ。

みなさまお誘いあわせの上、ぜひお立ち寄りください。


第4回 スペシャル ワインディング試乗会  -Special Winding Ride and Cafe Meeting on R411-

日時:11月3日(日)10:00-16:00(L.O. 15:30)

発着点:Rider’s Cafe 丹波RIVER

試乗車:New Speed Twin, Speed Triple RS, Street Triple(車種変更の可能性あり)

条件:運転免許証(写)の提供、試乗誓約書への署名、ワンドリンクオーダー

首都圏ライダーにとって聖地のひとつともいえるR411を舞台に、ワインディング試乗会を開催いたします。

ご予約は不要ですので、直接会場の「丹波RIVER(多摩里場)」へお越しください。

ひとりでも多くのライダーに、トライアンフが持つスポーティーな魅力をご体感いただければ幸いです。

渓流沿いの森の中、すがすがしい空気を胸いっぱい吸い込みながら、雲取山ブレンドコーヒーを片手にみなさまのお越しをお待ちしております!

↑ please click !


この試乗イベントは、今後も継続的に実施したいと考えております。

そのためにはご参加いただくみなさまの安全運転が不可欠となります。

ご理解ならびにご協力を、心よりお願いいたします。


※雨天または極寒時は中止とさせていただきます。

前日午前9時の時点で降水確率40%以上が中止の目安となり、その場合は前日の正午までにHP,Facebook, Twitter にて告知いたします。

また当日の外気温が5℃以下の場合は展示のみとさせていただきます。

 

 

 

 

Webストア(オンラインショップ)