トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

Rider’s Story 【along the river】

山間を川が流れている。

黒いオートバイが、岸辺の国道を上流に向けて走っている。

ライダーは、もう若いとは言い難い年齢の男性だ。

昼食にはまだ早い、中途半端な時間帯。

交通量の多い対向車線に対し、彼の前方に車両の影はない。

知らず知らずのうちに彼のペースは上がり、やがて一台のトラックに追いついた。

彼は、法定速度を少し下回るまでスロットルをゆるめた。

 

センターラインは白だ。

このトラックさえ追い超せば、再び前方はクリアになる。

タイミングをうかがっていた彼は、対向車が途切れた瞬間に追い越しをかけた。

その直後、前方のトラックが猛然と加速した。

ほんの少し無理をすれば、それでも追い越すことはできただろう。

だが彼は自重して、次の機会を待った。

 

川に沿ってカーブを繰り返す国道。

しかし、ふと前方に平野が広がり、遠くまで見渡せる直線に出た。

ここなら難なくトラックをパスできる。

しかしあろうことか、ウインカーを灯し追い越そうとするオートバイを右のドアミラーに認めたトラックのドライバーは、対向車線に車体をはみ出させて追い越しを阻止した。

ライダーは怒りの感情を覚えたものの、やむなく元の車線に戻った。

クラクションを鳴らすことを思いとどまるのが精いっぱいだった彼は、ふとヘルメットのシールドを開けて空を見上げた。

 

いい天気だ。

風の中に、秋の気配を感じた。

追い越しをあきらめた彼はトラックとの車間距離をあけ、川沿いの景色を眺めながらのんびり走ることに決めた。

 

その時だった。

前方左側の路側帯に立つふたりの警察官が視界に飛び込んできた。

手には赤色誘導棒と「止まれ」と書かれた赤いフラッグ。

速度取り締まり、いわゆる「ネズミ捕り」だ。

法定速度以下で走るトラックとオートバイは、当然そのまま通り過ぎた。

間もなくそれぞれのバックミラーから警察官が消えて、短い直線に差し掛かった。

トラックのドライバーは左のウインカーを点滅させるとともに、窓から右手を出してライダーに先行を促した。

単独走行だったら、間違いなく今頃…。

一瞬にしてトラックを追い越したライダーはすべてを悟り、左腕を上げてドライバーに合図を送った。

サンキュー。

メーターの針は法定速度をほんの少しだけ超えた数字を指し

ミラーに映るトラックはゆっくりと小さくなっていき

やがて見えなくなった。

 

 

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

The Distinguished Gentleman’s Ride 2019

10月に入ったのに、30℃越え…。

このままだと、「秋」がほとんどないまま寒くなってしまうのではないかと、ちょっと不安になりますね(>_<)

 

さて。

先日、フォーミュランド・ラー飯能さんでBooyah Cup Vol.2が行われていた9月29日(日)、千葉は幕張でもう一つイベントが開催されておりました。

The Distinguished Gentleman’s Rideです。

 

The Distinguished Gentleman’s Ride、通称DGRは、男性の健康サポートを目的に前立腺癌研究と自殺防止活動に使用するための募金を集めることを目的に、古き良き時代のバイクスタイル、ファッションを身につけた紳士、淑女がトラディショナルなバイクでチャリティーランを行うという内容のイベントです。

 

トライアンフ・ジャパンもサポートをしているイベントですが、トライアンフ東京からは上記のツーリングと被っていた事もあり、特にお客さまにお声がけをしての参加はありませんでした。

 

ですので、イベントの内容についてはVIRGIN TRIUMPHさんの記事を読んでいただくのが一番良いかと思います。

他人頼みでごめんなさい(´Д⊂ヽ

 

そんなカンジだったので、当日はDGRの雰囲気は味わえないなぁ…と思っていたら!!

トライアンフ東京の駐車場に、紳士淑女のタンデム車両が入ってくるではありませんかっ(=゚ω゚)ノ

 

当店ツーリングにもよくご参加くださっているげるさんでしたヾ(≧▽≦)ノ

※本来なら「様」とするところなのですが、どうにもしっくりこなかったので「さん」で失礼いたします。

 

カートにも参加したかった(とおっしゃってくださってありがとうございます(T_T))けど、今回はDGRに行ってきた、との事で、わざわざお立ち寄りくださいました。

 

そんな訳で、当店の映えスポットで写真撮影(*^▽^*)

DGR_げるさん

いやぁ。決まってますねぇ(*´ω`*)

 

ここで調子に乗った駒田は…。

 

サングラスかけてください~!!

DGR_げるさん

ヘルメット被ってください~!!!

DGR_げるさん

めちゃくちゃ素敵なんで、奥さまも是非ご一緒に!!!!

DGR_げるさん

…すべてのわがままを聞いてくださって、ありがとうございました(感謝)

 

結局、店内で休んでいらっしゃる間にツーリング組も帰ってきて、顔見知りのお客さまとも会う事ができたようです。

 

…ようです、というのも、駒田は消費税率改定の為クロージングのプライスの付け替えをしていたので、1階での出来事が全く分からなかったのです…。

 

げるさん、奥さまありがとうございました!!

 

そういえば、げるさんには最初からいろいろとわがままなお願いをしておりました(笑)

Christmas Photo Sessionsの時も、「良かったらどうですか?」からの「サンタ帽被ってください!!」だった気が…(。-∀-)

 

そんな訳で、げるさん。

これからもどうぞよろしくお願いいたしますヾ(≧▽≦)ノ

 

Webストア(オンラインショップ)

 


 

第4回 スペシャル ワインディング試乗会

もはや恒例イベントとなり、毎回大好評をいただいている「スペシャル ワインディング試乗会」。

約束通り、この秋もやりますっ!

11/3 文化の日に開催する予定です。

「モーターサイクルを大人の趣味として、そして文化としてこの国に根付かせたい!」

そんな願いを込めました。               ホントカ?

会場となる多摩里場のマスターが、文化的な企画をいろいろ考えているみたいですよ。

みなさまお誘いあわせの上、ぜひお立ち寄りください。


第4回 スペシャル ワインディング試乗会  -Special Winding Ride and Cafe Meeting on R411-

日時:11月3日(日)10:00-16:00(L.O. 15:30)

発着点:Rider’s Cafe 丹波RIVER

試乗車:New Speed Twin, Speed Triple RS, Street Triple(車種変更の可能性あり)

条件:運転免許証(写)の提供、試乗誓約書への署名、ワンドリンクオーダー

首都圏ライダーにとって聖地のひとつともいえるR411を舞台に、ワインディング試乗会を開催いたします。

ご予約は不要ですので、直接会場の「丹波RIVER(多摩里場)」へお越しください。

ひとりでも多くのライダーに、トライアンフが持つスポーティーな魅力をご体感いただければ幸いです。

渓流沿いの森の中、すがすがしい空気を胸いっぱい吸い込みながら、雲取山ブレンドコーヒーを片手にみなさまのお越しをお待ちしております!

↑ please click !


この試乗イベントは、今後も継続的に実施したいと考えております。

そのためにはご参加いただくみなさまの安全運転が不可欠となります。

ご理解ならびにご協力を、心よりお願いいたします。


※雨天または極寒時は中止とさせていただきます。

前日午前9時の時点で降水確率40%以上が中止の目安となり、その場合は前日の正午までにHP,Facebook, Twitter にて告知いたします。

また当日の外気温が5℃以下の場合は展示のみとさせていただきます。

 

 

 

 

Webストア(オンラインショップ)

Booyah Cup Vol.2 & BBQ

今年の7月に開催したカート体験ツーリング「Booyah Cup」。

あまりの楽しさにイベントが終わった瞬間から「またやりたい!」とのお声をたくさんいただきました。

「来年くらい?」

「年内でしょ!」

はい、実現できました。

Booyah Cup Vol.2!

前回は何かと「お試し」の要素が多かったのですが、今回は本格的です。

コースもマシーンも走行時間も、さらにランチまで大きくグレードアップ!

会場はフォーミュランド・ラー飯能さん。

下見に行った際にも軽く触れましたが、周囲はツーリングコースとしても最適なエリアです。

8:30頃には現地に到着したいのですが、せっかくバイクで行くのですから最短距離での単なる移動ではもったいない。

そう、ツーリングの醍醐味は遠回りにあるのです。

ってことで、トライアンフ東京に6:00集合!

で、仮の案内を展開したところ、まさかのブーイング(from 身内)があり当日の集合は6:30に。

トライアンフ東京出発の時点で8名のライダー(+イベント・プロデューサーTサン)。

まずは、ごあいさつとブリーフィング。

この日、OFR華さんが駆るのはStreet Scrambler

なんでかってゆーと

曇り空の下、出発します!

その後、第二集合地点の「道の駅 八王子滝山」で6名のライダーと合流して総勢14台でのツーリングです。

雨中の走行も覚悟しましたが、スタート直後に数滴の雨粒がシールドにあたっただけでした。

やがてライダーたちは森に包まれて、ふと見上げればそこには青空っ!

気持ちいいー!

適度なワインディングを軽くこなせば、1時間弱で会場です。


現地集合の方々もみなさん早めに到着していただき、総勢33名でのカート走行です。

華さんの「おはようございます!」からの

ルール説明

操作説明

そして

練習走行

マシーンの特性をある程度把握できたら、いよいよスタートです。

序盤から、テール・トゥ・ノーズの争い

ドライバー交代の準備をする華さんの

真剣なまなざし                        ステキ!

でもね…

ピットインしても、マシーンを降りたドライバーが恒例のミッションをクリアしなければ次のドライバーはスタートできないのです。

佐藤彩奈さん(MC)との「あっち向いてホイ」

早くクリアしたいような、永遠にやっていたいような…。

1チーム4名のドライバーによる70分間の耐久レースは続き

ついに、チェッカーフラッグが振られました。

そしてピットへの帰還

みなさん、お疲れ様でした。

順位による表彰は、盛大な拍手と記念撮影だけで

賞品は順位無関係のじゃんけん大会のウィナーへ

ドクロ・マグカップ、お似合いです!

 

遠路はるばる松本から参戦のOさま、アンブレラをゲットです。

最後はもちろん全員での記念撮影

さらに、チームごとに記念写真を撮る姿も

チームC(Hさん逆ですよー)

 

チームD(ekai)

ちなみに上記2チームもそれぞれ7位・8位に入賞しました。


集合は早朝だったし、カートで体力と笑顔をたくさん使ったし、相当深刻な空腹状態です。

準備を整えたら、ランチスポットのBBQ場へ移動です。

しかし、ライダーたるものたとえどんなに空腹でも最短距離では走らないのです。

わざわざ遠回りをしてでも快走路を選びます。

(イメージ)

そして、予定通り14:00にBBQ開始!

腹ペコすぎて

楽しすぎて

おいしすぎて

写真はあんまりありません。

すまない…。

おなかいっぱいになったら、お約束の川遊び&ソフトクリーム。

楽しい時間ってどうしてこうも早く感じるのでしょうか。

そろそろお開きにしなくては。

「みなさーん、今日はありがとうございました!」を

言い終わる前に

「次は、いつですか~?」って!

嬉しい限りです。

もちろん、来年もやりますよ!

どうぞ、お楽しみに!

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

次回もぜひ!

 

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

★バイカーズパラダイス★

先日のブログでチラッと書いた「OKBライディングスクール」について、なぜか問い合わせが来てしまったのでお答えいたします。(^_^;)

 

まず、OKBライディングスクールはフィクションです!←ココ重要!!

 

実はトライアンフ東京の紅一点であり、今年見事に大型二輪を取得した「みんな大好き駒田センパイ」がまだバイクに慣れていないということで、練習のためにOKBが”鬼”教官役で一緒にツーリングに行っているのを「OKBライディングスクール」と一部の人達の間で呼んでいたのです。(マギラワシー)

 

誤解を与えてしまった方、「参加してみたいな・・・」と思ってしまった方、スミマセンが定員オーバーです・・・じゃなかった!そもそもそのようなスクールはありませんのでご了承ください!!m(_ _)m

 

と、いうわけで!

先日「第3回 OKBライディングスクール」が開催されました(ヤルンカーイ)

この日は定休日ではなかったので、メールチェックをしてから出発です♪

 

駒田は向かって左側のBonneville 250(違う)、OKBは右のBonneville Bobberで出発です!

いや~何せOKBはBobber大好きなんですよ!近距離~中距離用で1台欲しいです♪

 

一個前のブログで駒田センパイがチラッと書いていた通り、二輪免許を取ってから苦節約半年・・・ついに駒田センパイが高速デビューを果たしたのです!

目的地は箱根なので東名高速を使いたいところ・・・ではありますが、「いきなりトラック多くて速度も速めなところを通るのは怖かろう」ということで、あえての遠回り。

【第三京浜~国道1号~新湘南バイパス~西湘バイパス~箱根ターンパイク】で向かいます。

 

途中の西湘PAで休憩。天気も最高でちょっと汗ばむ位の陽気。海風が気持ちい~

 

そして下界がそれだけ暖かいということは、箱根の山は涼しくてとっても快適ということじゃあないですか!

ターンパイクをゆっくり走って景色を楽しみ、着いた先は今回の目的地「バイカーズパラダイス」!!

あ、これ今回のベストショットです(ドヤァ

※駒田のBonneville 250(フィクション)は大人の事情により載せておりません(^_^;)

 

建物外観がとってもオシャレ!

 

はぅあっ!入り口前にいるのはLambretta(ランブレッタ)ではないですか!

トライアンフではないのですが・・・トライアンフではないのですが・・・・・スルーできぬ可愛さ!!!

広~~~いバイカーズパラダイス敷地内でのスタッフさんの移動用として置いてあるというこのランブレッタ(贅沢じゃわ~

スタッフさんのご厚意で跨ってもO.K!ということで、さっそく跨る駒田センパイ!

近場にちょっとお出かけ行くのにコレ乗ったら気分いいんだろうなぁ~と、購入欲がムズムズ。。。

 

このままではブログ内で他社ブランドの購入話を書くことになってしまいそうだったので、誘惑を振り切って建物内へ移動(笑)

きれいなカフェと、ず~っといたくなるぐらい快適なラウンジスペース(*´ω`*)

箱根の山を気持ちよく走って、ここでお茶して帰るもよし、仲間と合流してミーティングしても楽しい場所だと思います。

 

え、ナニコレ!?トイレの入り口だとぅっ!!?オサレすぎでしょ!!

トイレの中は・・・・・アナザーワールドでした。

ぜひ行ってお確かめください!(笑)

 

カフェのジェラートがまた美味しい♪顔面をシワクチャにするほどご満悦なOKB

 

そしてこのバイカーズパラダイス、カフェの奥にはこれまたオシャレアイテムで有名なmotorimodaさんが入っているのです!

ちょうど気になるアイテムがあると言っていた駒田センパイ・・・

か、買っているだとぅっ!!?さすがセンパイ!(謎の敬意

ツーリングバッグを購入していた駒田センパイ。

motorimodaさんの取扱商品はどれも洗練された品ばかり。

店長さんもとても良い方で、着かず離れず的確な一言を投げかけてくる・・・見習います(←世間話多め

 

居心地よすぎて眠くなってしまったOKBはハンモックからハミ出しながらお休みモード。

まったりしすぎて日が暮れかけてきたので、寒くなる前に帰ることに。

 

まだできたばかりのバイカーズパラダイス。

敷地内に色んなアトラクションを増設する計画だとか・・・。

今後もさらに目が離せませんね♪

 

日が落ちてきてほとんどのバイクが帰った後の駐輪スペースでイキってみせるOKB(ハズカシイヤツ

あ、センパイのおバイクも写ってしまった(^_^;)

 

ちなみに土日祝日はこの駐輪スペースがパンパンになるほどの混雑らしいです。

でも「混雑する」っていうことは、それだけ「たくさんのバイクが来る」ってこと。

いちバイク乗りとして、たくさん並んだバイクをゆっくり見て、何ならオーナーさんと交流するというのも楽しいもんです。

 

バイカーズパラダイス!と~~~ってもオススメです!!

 

Webストア(通販サイト)