トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

【試乗記】TRIUMPH SPEED TWIN

みなさん、こんにちわ。トライアンフ東京の蔡誠司です。

今回は大人気のTRIUMPH SPEED TWIN 1200に乗ってみました。

まず見た目はトライアンフのモダンクラシックらしく、丸みを帯びたタンクにショートフェンダー、丸目一灯のヘッドライトの愛らしいデザインが特徴です。

跨ってみると低めのシート高(809mm)のかいあって、足つき性は良好です。

ラインディングポジションは手足が自然な位置に収まる位置にハンドルとステップがありますので、同じエンジンを積むスラクストンより楽ちんです。これならツーリングで長距離走ってもOKですね!

さてさて、エンジンはトライアンフ伝統のバーチカルツイン、しかもパワー志向のHPですから、回すほどにこみ上げるパワー感で、とても気持ち良い加速をしてくれます!

ライディングモードは「レイン」「ロード」「スポーツ」の3段階ですが、モードを下げても、パワーダウンはあまり感じませんでした。

一番おとなしいパワー特性の「レイン」でも、パワーバンドに入ればグワーッと加速してくれます。

ただ、「スポーツ」モードは高回転寄りの設定で、街乗りするには低速トルクが細いため、普段使いは「ロード」の方がバランスよさそうです。

ハンドリングに関しては、フロントフォークにマルゾッキを採用しているためなのか独特の味付けで、少し固めでドッシリ感がかなり強い印象です。

直進時は前後17インチホイールであることを感じさせない、大径ホイールのオフロード車のような直進性なのですが、だからと言って曲がりにくいことは全くなく、車体を倒しこんでいくとイン側にグググーッっと引っ張られるように旋回していくように、直進性と旋回性を上手にまとめ上げたセッティングとなっています。

最初のうちは若干曲がりにくい印象がありますが、これは、敢えて車体全体をバンクさせて曲がっていく旧車のようなセッティングにして、モダンクラシックなデザインに合わせた乗り味とした、トライアンフの粋な遊び心なんだと思います。

私はCBX400Fで育った世代なので、旧車のようなハンドリング、特に積極的に曲げて走る乗り味は好きですね♪

初心者が乗れば、ドッシリとしたハンドリングは安心感を覚えるでしょうし、また、ベテランが乗ればどこか懐かしさを感じる、そんな方向性の味付けが出来るところが流石トライアンフだと感心しました。

SPEED TWINの特性を理解したうえで、積極的にバイクを曲げていける、経験豊富なベテランライダーであれば、そのポテンシャルの高さを引き出して存分に楽しめるでしょう。

だからと言って、初心者の方が手に負えない、乗りにくいバイクなのかと言うと、そんなことは全くありません。

例え、初めてのバイクがSPEED TWINであったとしても、トライアンフのバイクは基本的に操縦性が素直ですし、何より乗り味に懐の深さがありますから、十分に楽しめるバイクだと思います。

ストリート中心の使い方でも、低速から立ち上がる力強いトルクフルなエンジンのお陰で、街中を元気よく走り抜けられますし、時にはサーキットに持ち込んで、思いっきり全開走行しても楽しめる、相当なポテンシャルを持ったバイクだと思います。

このSPEED TWINが自分の感性にピタッとハマった方は、きっと病みつきになっちゃいますよ!!!

 

 Webストア(通販サイト)

 


 

【試乗記】TRIUMPH SCRAMBLER900

皆さんこんにちは。トライアンフ東京の蔡誠司(さいせいじ)です。

今回は「TRIUMPH SCRAMBLER900」について、お話してみたいと思います。

やはり、このスクランブラー、何と言っても見た目が唯一無二で格好いい!!車体の真横を走るマフラーが特徴的で、このデザインに惚れて購入される方がほとんどではないでしょうか。

スクランブラーの歴史は古く、1960年代初頭まで遡り、トライアンフ愛好家たちのカスタムがその起源と言われています。

当時、トライアンフでは単気筒エンジンのロードモデルである「T20タイガーカブ」が人気を博していましたが、現代と違って未舗装路も多く、オフロード用にカスタムして楽しんでいる愛好家たちもかなりいたそうです。

そこで、ユーザーフレンドリーなトライアンフが、愛好家の声に応えるべく発売したのが、元祖スクランブラー「TRIUMPH TS20 CUB SCRAMBLER」なのです。

当時から大径ホイールとアップサイドマフラーが特徴的なのは変わりませんね。

さて、実際にスクランブラー900に跨ってみると、見た目とは裏腹に足つき性は良好です。私は身長172cm/65kgの平均的な体格ですが、両足の踵が少し浮く程度です。

気になる車体右側のマフラーですが、足が触れる場所には遮熱版が付いていて、暑さ対策はされていますので火傷することはなさそうです。

ただし、タンデム乗車をする際は後ろに乗る人がマフラーエンドに手が触れる可能性がありますので、グローブを着用した方が良いかもしれません。

エンジンはトライアンフ伝統のバーチカルツイン900cc。パワーこそ65psと目立ったスペックではありませんが、最大トルク80nmを3250回転で発生してくれますので、低回転からでも力強さを感じることが出来ます。

低回転からトルクが立ち上がり、そのまま加速していく感覚は心地良いもので、ドコドコと排気音を聞きながら、ずっと走っていきたくなる、そんな気にさせるバイクですね。

最近はインカムで音楽を聴きながら走らせる人も多いと聞きますが、このエンジンは排気音を聞きながら、そしてバーチカルツインの鼓動感を感じながら走らないと勿体ないですよ。

操縦性はフロントに19インチの大径ホイールを履かせていますので、直進性が強くヒラヒラとコーナーを駆け抜ける感じではありませんが、ハンドリングは非常にナチュラルです。

コーナーでは向きが変わるタイミングでアクセルONにすると、グググッっと後ろから押し出されるように曲がりますので、その特性を掴めるとツーリング先での峠道も楽しめると思います。

もちろん「Triumph Speed Triple」のように絶対的な限界は高くありませんが、その反面、乗りこなしてる感を凄く感じられますから、これは乗ってて楽しいバイクです♪♪♪

また、このナチュラルな操縦性は楽しいだけでなく、知らない土地にツーリングに行ったとき、例えば想定外の林道など、未舗装路に出くわした時には「安心感」に繋がるはずです。

私自身、SUZUKI TL1000S(知ってる方は知っているいわくつきの車種ですwww)と言う、独特の操縦性が持ち味のバイクに乗っていた頃、奥秩父をソロツーリングしていた時、知らずに入った道が途中から砂利道になって、非常に心細い思いをした経験があります。

でも、スクランブラーであれば、そんな場面に出くわしても、きっと心強い味方になってくれると思います。

デザインで惚れて、乗れば乗るほど好きになる。スクランブラーはそんなバイクだと思います。

トライアンフ東京ではスクランブラー900の試乗車のご用意がありますので、気になる方は、ぜひ一度、乗ってみてください。

 

 Webストア(通販サイト)

 


 

【試乗記】TRIUMPH SPEED TRIPLE 1200RR

【試乗記】TRIUMPH SPEED TRIPLE 1200RR

新年あけましておめでというございます。トライアンフ東京の蔡誠司です。

お陰さまで、旧年中はたくさんのTRIUMPHを世に送り出すことが出来ました。

今年もみなさまの楽しいバイクライフの一助となるよう頑張って参ります。

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

さて、新年最初のレビューですが、トライアンフが誇る唯一無二のスーパーウェポン「SPEED TRIPLE 1200RR」に乗ってみました。

このRRは同じエンジンを積む「SPEED TRIPLE RS」の走りに磨きをかけたモデルで、他に類を見ない新設計のダイナミックフェアリングとセパレートハンドルを装着し、それに合わせてステップ位置もより高く後ろへ変更されています。

これによって、ライディングポジションはかなりの前傾姿勢となりますので、否応にも本気モードにさせてくれます(SS系のバイクに乗るとスイッチ入るのは私だけかなwww)。

このRRは国産SSと同じく、乗っている時には腹圧を入れないと手首や肩に負担(体重)が掛かってしまい疲れてしまいますので、腹筋が弱い方は鍛えたほうがいいですね。

足つきに関しては良い部類ではないかなと個人的には感じます。私の身長は172cmなので両足べったりとは流石に行きませんが、両足の踵が少し浮くぐらいなので、もう少し小柄な方でも、立ちゴケの心配は大丈夫そうです。

想定しているスピードレンジはかなり高いことが伺えるセッティングで、走りだしてすぐに感じるのは前後17インチホイールとは思えないドッシリ感です。

だからと言って回答性が犠牲になっているのかと言えば、全くそのような事はなく、ステップ荷重でスッと向きを変えてくれる特性を持っていて、RSよりハンドリングは鋭い印象です。

基本的な車体構成はRSと同じなのですが、ホイールベースが若干短く(▲6.0mm)なっている事も効いているのでしょうね。

タイヤは標準でピレリのスーパーコルサを履いていますから、しっかり温まればグリップ感も申し分なく、路面に張り付いたままグルンと回る感じでコーナーを曲がってくれます。

ライディングモードは「レイン」「ロード」「スポーツ」「トラック」「ライダー」と選べるのは他のトライアンフでもよくあるのですが、ハッキリとした違いを出しています。

スポーツ以上のモードはトルクカーブは緩やかなまま高回転寄りになっている印象で、低速を多用する街乗りには不向かなと正直なところ思いました。

スタートで回転上げずにクラッチをミートするとECUが状況を読みとってくれて、スロットルを開けずとも少しだけ回転数があがりスタートを補助してくれる優しさがありますが、慣れないと2000回転くらいではエンストするかもしれません。

クラシック系のバーチカルツインを搭載するスラクストンRSは、スポーツモードのまま街乗りも全然こなせますが、この「SPEED TRIPLE 1200RR」での街乗りは、ロードモードが断然おすすめです。

と、ここまであまりポジな面をお伝えしてないので、RRってなんだか乗りにくそうなバイクとの印象を持たれたかもしれません。

でも、このRRは何と言っても走らせてナンボのバイクです!

まずエンジンが最高に良い!グラフの通りトルク特性はかなりフラットなため、スロットルを開ければ、どこまでも続く加速感は最高に気持ち良いですよ~♪

次に足回りが良い!180馬力のハイパワーを受け止めるのに相応しい贅沢な前後オーリンズで、走行モードの切替に合わせて自動で減衰力調整までしてくれる優れもの!!

しかも、ブレーキは前後ブレンボで減速力は言うまでもなく折り紙付き!握った分だけちゃんと効く(実はコレって凄い事なんです!)玄人好みの制動力でとてもコントロールがしやすいブレーキです!!

このRR、機会があればサーキットのような場所で、がっつりと高負荷高荷重がかかる速度域で走らせてみたくなるバイクですね!!

スポーツ走行が大好きな方は病みつきになっちゃうかもしれませんよ^^

 

Webストア(通販サイト)

 


 

【試乗記】TRIUMPH TIGER900GT PRO

みなさんこんにちは。トライアンフ東京の蔡誠司です。

今日はアドベンチャー系のバイク、TRIUMPH TIGER900GT-PROを試乗しました。

見た目の大きさから不安だった足付きは、柔らかめな前後サスペンションが適度に沈んでくれるおかげで、予想以上に足が地面に届きホッとしました。

僕の身長は172センチなので、さすがに両足ベッタリとはいきませんが、両足裏の半分位は地面に着いています。

これなら、まず立ちゴケの心配は無さそうです。

シートに座った時のポジションは、自然な乗車姿勢でとてもラクチンです。

腕をスーッと伸ばしたところにハンドルがあるので、肩肘を張ることなく、どこにも力みが無いので、長距離でも疲れ知らずだと思います。

シートヒーターやグリップヒーターが装備されていて、高さ調節が出来るウィンドプロテクションもあるので、寒い季節のツーリングでも快適に走れそうです。

エンジンは下から上までトルクフルで、回すだけパワーもついてきますので、低速から高速まで気持ちよく加速してくれます。

そればかりか、低速の粘り強さもかなりのもので、クラッチミートさえ慎重にすれば、2速発進だってこなせる柔軟さもあります。

パワーをかけると滑ってしまう路面状況、エンジン回転をあげれないような場所でも、安心して走り抜けられるエンジン特性だと言えると思います。

あ、ちなみに2速発進は、タイガーのエンジンのフレキシビリティーを知っていただくために、あくまでもテストとして行ったものです。

皆さんはエンジンを痛める可能性があるので、やめてくださいね。

あと、タイガーにはクイックシフターも付いているので、ツーリングの帰り道、渋滞にハマってしまっても、左手が疲れてクラッチを握れないなんて事もありません。

クラッチなしでもシフトのアップダウンに合わせて、絶妙なブリッピングで回転を合わせてくれるので、ロングツーリングの帰りで疲れてる時にはありがたい装備ですね。

それから、操縦性に関してですが、ホイールサイズがフロント19インチ・リヤ17インチなので立ちが強く曲がりにくさがあるかな?と思っていたのですが、良い意味で裏切られました。

操縦性は至ってニュートラルで、曲がる時も適度なセルフステアを誘発してくれるので、ホイールの大きさや車体の大きさを感じることなく走れます。

きっと、走りだして交差点を一つ曲がるだけでも、その素直な操縦性はわかると思います。

そして、速度が上がるにつれて直進安定性は増していき、ドッシリとした安定感があるのですが、いざ、コーナー手前で減速すれば、ニュートラルな回頭性で、スーッとコーナー出口に鼻先を向けてくれるのですから驚きです。

そして、コーナー立ち上がりでスロットルを開けるとリヤタイヤを路面にしっかり押し付ける感じでトラクションがかかり、前へ前へと押し出してくれます。

これは、路面ミューが低いところでの走行を意識して、トライアンフがセッティングした結果なのでしょうけど、一般公道でもその素性の良さはハッキリ分かりました。

と、ココまでは良いことばかり言ってきましたが、ネガな点も少々・・・。

それは、渋滞の中を走っていて気付いたのですが、走行風が当たらないと、クラッチカバー付近が熱くなり、しっかりニーグリップをする乗り方をしていると、必然的に右足ふくらはぎの内側がクラッチカバーに当たりちょっと熱いです・・・。

でも、気になる点はそれくらいで、後は100点のバイクだと個人的には思います。

初心者の方からバイク歴10年以上のベテランの方まで、乗り手を選ばず楽しめる懐の深いバイクです。

もちろん、クラシック系のデザインが好き!っと仰る方からすると、このデザインは賛否あると思いますが、バイクで『走ること』が大好きな方は、ぜひ一度、試乗していただきたい一台ですね。

 Webストア(通販サイト)

 


 

【試乗記】TRIUMPH BOBBER

みなさんこんにちは。トライアンフ東京の蔡誠司です。

本日はスラクストンに続いてボバーに乗ってみました。

その独特の佇まいが、なんとも個性的なボバー。

さすが、老舗バイクメーカーのトライアンフ。

ハンドルとシートの位置関係が見事なバランスで、文句なくカッコいい!!

またがってみると、車高は低く、足付きは良好。

僕の身長は172センチですが、膝が余るくらいです。

ステップは座って足を下した位置よりも前にくるポジション(ちなみに、今後、レポート予定のスピードマスターは更に前です^^)。

スポーツ系バイクのバックステップに慣れてる人だと、戸惑うかもwww。

シートはクラシカルで独特な形状ですが、座り心地は思いのほか快適です。

ハンドル位置は遠いので、背の低い人にはポジションが少々キツイかも・・・。

ハンドルはもう少し手前がいいかな?とも思いましたが、この辺は慣れの問題でしょうね。

早速、走り出してみると、出足が鋭い!

スラクストンと同系列のエンジンながらトルク志向のセッティング。

その証、エンジンプレートには1200HTと刻まれています!

クラシカルな見た目とは裏腹に、その力強さに驚きました。

スラクストンが回すほどにパワーが出てくる特性に対して、ボバーは下からドーンとトルクフル!

これは、どちらが良いとかではなく、完全に車種ごとのキャラクターにあったエンジン特性を与えた結果。

デザインの好みも含めて、どんな乗り方をするかで選ぶのが良いですね。

正直な感想を言わせていただくと、デザインはスラクストンの美しさには心惹かれますが、エンジン特性はボバーです、はい。

これは、頑張って2台持ちかぁ?と、真剣に悩んでしまいました。

 

 Webストア(通販サイト)