トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

コメントをいただきました

先日、恒松がアップしたブログ「人助け」。

タイトルを見たときは誰かを助けたのかと思いましたが、助けてもらったお話でしたね。

若気の至りのような失敗談ですが、心がホッとあたたかくなるエピソードでもあります。

その投稿をFacebookでも紹介したところ、おふたりの方からコメントをいただきました。

まずは、M.O.様。

貴重な体験をされましたね。 おっしゃる通り、衆目なり相手なりの目の前では善意を示すことに気恥ずかしさが先に出ることしばしば。 だからこその義勇の気構えを常に蓄えておく必要があると感じます。 ずっと前に勤めていた会社を辞した時に、事務のおばちゃんたちから口頭なり寄せ書きで言われました。『ずっと正義の人でいて』 漂うだけの空気の中にも他人の視線はありますが、見返りを無用という志があるのなら、相手に笑むことに肩肘張る必要もありません。それはいつか、世界、社会、諸般の平安という形で返ってくるでしょうから。

続いて、N.M.様。

実は私も同じことをしました。30年以上前にシェルのスタンドでガソリンを入れてたバイクがいてそのすぐ後ろに付いて待っていました。そしたらその人財布を忘れたらしく慌てていたんですよ。店員も融通が効かないオヤジでらちが明かないので、私も先を急いでた手前声かけて事情を聞いて1万円札を渡して立て替えてあげたんです。その人がおつりを返そうとしましたが私は受け取らずその人に『困った人を見かけたら、その人に渡してください』と伝えました。結構そういうことをしている人は多いと聞いてます。コロナ騒動で人間関係がギスギスした世の中ではありますが、困った人がいたら何とかするのが普通であってほしいものですね。


コメントをお寄せいただき、あらためて御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

人と人との距離を離さなければならない今日この頃ですが、心の優しさやあたたかさは忘れたくないものですね。

 

 

 

Webストア(通販サイト)

 


 

Booyah×TRIUMPH TOKYOコラボTシャツ登場!!

じゃん!!

TT×BooyahコラボT

いきなりの美しい写真から始まりましたが(*^▽^*)

 

なにやら見覚えのある美女見覚えのあるバイク、そして見覚えのあるTシャツ…いや、ちょっと違う…。

 

そうです!

今年も登場いたしました!!

当店OFR 采女華さんの Booyahと、TRIUMPH TOKYO とのコラボTシャツです!!!

TT×BooyahコラボT TT×BooyahコラボT

Original T-Shirt 2020をベースに、ラグラン3/4スリーブで作成。

左肩には

TT×BooyahコラボT

ピンストライパー・ビートンさんデザインのBooyahロゴを。

 

右胸には

TT×BooyahコラボT

「OFFICIAL FRIEND & RIDER #87」の文字。

そして右肩にはTRIUMPH TOKYOの文字入りユニオンジャックを。

 

…なお、BooyahコラボTシャツのTRIUMPH TOKYO BAY Ver.はございません…(´・ω・`)

 

Booyah Online Shop

トライアンフ東京WEBストア

トライアンフ東京店頭

トライアンフ東京ベイ店頭

 

上記にて、合計87枚限定で販売いたしております(*´ω`*)

 

ちなみに、158cmの華さんがSサイズを着用してこんなカンジ。

TT×BooyahコラボT TT×BooyahコラボT TT×BooyahコラボT TT×BooyahコラボT

…ちなみに駒田が着ると、XSサイズでも「七分袖」にはならない…。なんでだろう…。

 

サイズ表はこちらです。

BooyahコラボT サイズ表

TT×BooyahコラボT

枚数限定、早い者勝ち!!ですので、是非お早めに上記ショップをチェックしてくださいね!!

 

 

 

(通販サイト)←ここで買えます。

 


 

Thruxton Tokyo Limited Edition

嫁いだ娘が久しぶりに里帰り。

その時は、こんな気持ちなのかな?                 シランケド

トライアンフ東京のグランドオープニングを記念して、わずか5台が生産されたカスタムモデルです。

実家であるショールームに里帰りです。

「特に用事はないけど、しばらくいさせてね」って。。。

ご主人との仲が心配になりますが、そこは大丈夫。

天気さえよければ数日後には一緒にかき氷を食べに行くみたいです。

それ以外はひましてるっぽいので、もしよろしければみなさん会いに来てください。

現行の限定車「Speed Twin Lightning Edition」とともに、お待ちしてまーす。

 

 

 

 

Webストア(限定車はショールーム販売のみ)

 


 

 

人助け

大型免許持ってます!恒松です!

先日、加賀が自身の旅先での素敵な出会いについてご紹介していましたが、

私にもバイクに乗っていて、素敵な出会いがあったかと振り返ってみました。

はい、ありました。

対ライダーの話ではないのですが、同じ乗り物好きとして自分もこうした行動をとりたいと、そう思えたエピソードです。

 

これは私がまだ、トライアンフ東京のスタッフになる前の話。

派遣アルバイトでその日は湘南にいました。

早朝から深夜まで丸一日働き、フラフラになりながらも残り僅かのエネルギーを振り絞ってバイクに乗って帰宅しようと、走り出して5分ほど経過した瞬間。

愛車「ボボボボッボボボッボッボッボッボッ…..プスン…。」

そうです。

ガス欠です。

その時、人生で初めてガス欠を起こしました。

以前、燃料コックをリザーブにしたことをすっかり忘れて走っていたのです。

「やってしまった…。」

当時はまだ学生でお金もなく、格安で保険を選びました。   ホケンハダイジ

契約した当時は理解していなかったのですが、24時間ロードサービスは受けられず、深夜は適応時間外でした。

近くのガソリンスタンドを探すと、24時間営業をしている所が2キロ先にある。

絶望を感じながらも押して歩く事に決め、フラフラの体で車体を押して歩きました。

そうしてようやくついたガソリンスタンド。

しかし、そこでもハプニングが起きます。

手元に500円ほどの小銭しか持っていいなかったことに気付きました。

嫌な予感が的中。

そのガソリンスタンドは小銭不可だったのです。

向かいにコンビニがあったので、そこでお金を下ろせればよかったのですが、私の使っている銀行のATMが不運にも数日間使用できない日だったのです。

完全に立ち往生…。

(※画像はイメージです)

 

ここまでは、なんとも哀れでついていない男の話です。

しかしこの後素敵な方に出会います。

 

何か他に帰宅できる策はないかと考え込んでいた私のもとに、ガソリンスタンドの洗車場で洗車をしていた一人の男性が声をかけてきました。

男性「何かお困りですか?」

-事情説明-

男性「そういうことでしたら、ガソリン代出しますのでそれでお帰りください。」

とても情けなかったのですが、今回はそのお言葉に甘えることに…。

後日、お金のお返しとお礼の品を渡したいと、振込先やご住所などを聞くと、

男性「お金もお礼もいらないので、同じように困った人を見つけたときは僕と同じように助けてあげてください。」

そう言い残し、私も必ずそうしますと返したあと、手持ちの500円で缶コーヒーをお渡しして、握手を交わし、互いの安全運転を誓い合った後、男性は車を走り出しました。

情けなさと、ありがたい気持ちと、驚きと、緊張からの安心で、しばらくは放心状態でした。

その後、無事に帰宅することができました。

 

男性は車が好きで、バイクは乗っていないとのこと。

その日は仕事が休みで地方から何時間も走って湘南の海を見に来たと話していました。

誰かに何か言われたわけでもなく、誰かが見ているわけでもなく、ただ純粋に困っている人を助けよう思い、行動する

それも赤の他人に。

困っている人を見つけたとき、誰でも助けてあげようと思うことはできるはず。

しかし、実際に声をかけて何かしてあげようと行動を起こすのは、勇気がいるもの。

ただ、一度でも人助けをしたことがあれば誰しも感じるものですが、

直接的な利益が無くても、すがすがしい良い気持ちになります。

自分の行動が役に立ったと思えるだけで、嬉しい気持ちになります。

人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。

その男性もその価値を知っているから助けてくれたのかもしれない。

 

あくまでこの時はしてもらった側でしたが、人助けの素晴らしさを再認識した日でした。

私もあの日の男性のように、勇気をだして行動していきます。

 

という、話です。

終わりです。

 

 


 

 

大型自動二輪免許 未取得のみなさまへ

5月入社のニューカマー「恒松」。

ホントは入社前に大型自動二輪免許を取得しているはずだったのですが、新型コロナウィルスの影響により教習所に入所できませんでした。

しかし緊急事態宣言の解除を受けて、6月からようやく教習を開始!

教習日記①

教習所スタッフのみなさまによる適切なアドバイスと親切な対応により、あっけないほどスムースに教程は進んでいきました。

教習日記②

卒業検定当日のコンディションにも恵まれて、ついに彼の免許証には「大自二」の三文字が追記されました。

教習日記③

これもひとえに当社のサポート体制と諸先輩方の全面的な協力の賜物であります。


さて、閑話休題。

みなさまの中にも「この春に大型自動二輪免許を取りたかったけど入所できなかったー」とか「開所したけど混んでそうでためらってるー」あるいは「入所したけど予約が取りづらくて心が折れそうだー」なんて方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

トライアンフ東京では、そのようなみなさまを全力で応援いたします。

お勧めモデルのご案内はもちろんのこと、「免許取得のコツ」や「ライダーズライフ事始め」のちょっとしたアドバイスもさせていただきます。

さらに!

何かと出費がかさむあなたのお財布にも悦んでもらえる強力なサポートも、ご用意しております。

「まだ免許がない」あなたも、どうぞお気軽にご来場ください。

 

小さなことから大きなことまで、わからないことがあれば何でも訊いてください。

スタッフ一同、さらに常連のお客さん一同が、全力でお答えいたします。

免許を取ろうか悩んでいる方、教習中の方、あるいはこの3月以降に免許を取得したばかりの方、そんなあなたのご来場を心よりお待ちしております!

 

 

 

ライダーズライフを支えるアパレルは、こちらから。