トライアンフ東京

トライアンフ東京 スタッフブログ

Tachikawa Photo Essay「雨のステイション」

新しい元号も発表されて、なんとなく明るい希望の気配が漂っていた昨年の4月。

ショートツーリングで、とっても素敵な出会いを経験しました。

その思い出を、ひねることなくそのまんま「旅先での出会い」とのタイトルでブログでも紹介させてもらいました。

そのエピソードを私はことあるごとに話しているので、聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

それくらい自分にとってはトライアンフの…、いえオートバイの魅力を誰かに伝える最高の出来事であり、大切な思い出なのです。

それ以降、愛車に乗るたびにどこかで再会できないかなぁと思ったり、休憩でヘルメットを脱ぐたびに同じことを誰か見知らぬライダーにしてあげるチャンスはないかなぁとか企んだりしている程です。


さて。

今日、そのご本人(ボンネビルT214オーナーさん)から久し振りに1通のメールが届きました。

ある「縁」がきっかけで、今後エッセイを連載されるとのこと。

そのニュース自体、まるで自分のことのように嬉しいのですが。

それを私に。

たった一度…、ほんの短い時間をご一緒しただけの私に知らせてもらえたことが、とってもとっても嬉しいんです。

すみません、なんだか個人的すぎるブログになってしまいました。

でも、もしよかったら、そのボンネビルT214オーナーさんのエッセイ『Tachikawa Photo Essay「雨のステイション」』を読んでみてください。

そして。

今後の作品は、こちらでチェックしてください。

BGMは、これ↓で決まりです。

 

だから、オートバイはやめられない。

一期一会。

 

 

 

Webストア(オンラインショップ)