トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

交通事故死ゼロを目指す日

おはようございます。

最近、ファミレスで糖質ゼロ麺にはまっている

花田です。

別に糖質制限ダイエットをしている訳ではないのですが

なんとなく・・・・無駄な抵抗です。

 

本日10日(月)は

『交通事故死ゼロを目指す日』です。

 

今日は、ちょっと体調が悪いな、寝不足気味だな、

そんなときは無理せず運転をしないでください。

一人一人の心掛けが

交通事故死ゼロにつながると私は思います。

楽しくドライブ、ツーリングするために

ぜひ安全運転でお願いいたします。

 

ちなみに、友達と家飲みの時は

必ず糖質ゼロの発泡酒を片手に鍋です(´・ω・`)

 

春の陽気に誘われて?

皆様、バイク乗っておられますか?

生憎の空模様に、走りたくてウズウズしているのではないでしょうか。

こんな日は来る日に備え、想いを馳せるのもまた一興ですね。

 

はじめまして、セールス担当の濱本です。

5月オープンに向けスタッフ一丸となり、切磋琢磨しております!

オープンの際はお近くを通りましたら、ぜひ当店にもお立ち寄りください。

気になる車両の話は勿論のこと、

愛車のお話、旅のお話も、お聞かせください(^-^)

皆様の善き、バイクライフを願っております。

彼の前輪が滑った

峠の標高は1472m。

4月最初の日曜日、午後の中途半端な時間帯、行き交う車の数は極めて少ない。

峠をパスした1台のオートバイが、照明の不充分なトンネルへ進入した。

トライアンフ・スラクストン。

ライダーは無意識にスロットルを緩め、フュエルタンクを両膝で軽く締める。

やがて前方に出口からの光が見え、逆光で路面状況がつかめないままトンネルを脱しようとする寸前、スラクストンの前輪が横に飛んだ。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

みなさんこんにちは!

セールスエグゼクティブの加賀です。

前回お伝えした通り私は4月1日に入社したのですが、その翌日からいきなり連休をいただいちゃいました。

春の訪れがゆっくりだった今年、卯月の声を聞いてもオートバイに跨がって風の中に入るとまだかなり肌寒い4月最初の日曜日。

少しでも気温が上がるのを待ち、10時半頃スラクストンに火を入れました。

目的地は前夜に急きょ予約した山梨県内のとあるゲストハウス。

行程的には普段の日帰りコースを2日間で走るのですから余裕のはず(でした)。

まずは、奥多摩を目指します。

コーナーをひとつクリアする毎に少しずつ下がっていく気温、早春のやわらかな日差しが救いです。

ところが、標高が700mを超えると、路肩には残雪が積もり

路上の気温計の表示は

ニド?

そのまま大菩薩ラインを通り柳沢峠にさしかかると、日陰のコーナーには雪の轍が残り、ついには空から白いものが舞い降りてきました。

それでも何とか峠をパスして、しばらく進むとトンネルがありました。

トンネル内のコーナーを抜け突然の逆光に視線を奪われた瞬間、出口手前の路面は雪の吹き溜まりでした。

ゆるやかな弧を描いていた前輪は一気にグリップを失い、直後取り戻したグリップによってハイサイドを食らって振り落とされそうに…。

何とか立て直せましたが、かなりヒヤッとしました。

雪の日のライディングは気を付けましょうね。

冷や汗で冷えた身体を温泉(大菩薩の湯)であたためて

今夜の宿へ向かいます。

お出迎えはヤギさん。

築300年を超える古民家をリノベートしたゲストハウスでかなり底冷えするのですが、どこか懐かしく、とてもくつろげました。

ゲストハウスでは珍しいことではないのですが、その夜も宿主さんと泊まり合わせたゲストで旅談議に花が咲きました。

ゲストのおひとかたは70過ぎの男性だったのですが、単独で日本中そして時には海外を徒歩で(!)旅していらっしゃるとか。

あちこち旅先での興味深いお話を聞かせていただきました。

こんな出会いがあるからツーリングはやめられません。

「眠くなってきたので、今夜はこのへんで。」

誰かの一言で、それぞれ床に就きます。

おやすみなさい。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

日曜日の次は月曜日です。

平日の空いた道路を快走し

時には日差しに恵まれ

冷えた身体を温泉(石割の湯)でほぐしつつ

家路につきました。

 

…明日からは、ちゃんと会社行きます。

 

はじめまして!

みなさん、はじめまして。

5月1日オープン「トライアンフ東京」セールスエグゼクティブの加賀です。

4月1日に入社し、オープンに向けた準備を進めております。

二輪業界での勤務経験は全くなく、日々チャレンジの繰り返しです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ちなみに現在の愛車はスラクストンです。

自分にとって初めての輸入二輪車、買った時は将来まさか自分がこのブランドで働くことになるとは夢にも思いませんでしたが、ご縁をいただきこのチームに加わることができてとっても嬉しいです。

我々トライアンフ東京は前述のとおり5月1日にオープンいたしますが、まずは常駐スタッフ8名での船出となります。

昨年10月の法人設立以来徐々にメンバーが増え、年齢も経歴もそれぞれバラバラな8名がトライアンフ社ならびに弊社代表の掲げる理念のもとに集まりました。

 

 

オープンに先立ち、記念の限定車2台も先日の東京モーターサイクルショーでお披露目いたしました。

このTHRUXTON TOKYO LIMITED EDITIONのサイドカバーに輝く⑧。

「なぜ8?」と悩んでしまうのは私だけでしょうか?

横に倒して「無限大」? ∞ ∞ ∞

バルブの数?

みなさまはご存知ですか?

おそらく対外的には「マン島TTレースで輝かしい成績を挙げた1908年にちなんで」だと思うのですが、社内的には「無限大の可能性を秘めた8人のオリジナルメンバー」の意味で良いのではないでしょうか?

こちらの限定車はもちろんのこと、オープン初日から各試乗車もピカピカのショールームに取りそろえ、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

春の全国交通安全運動~続き~

こんにちは。

階段をもう少し早く

駆け下りれたらと反省している花田です。

 

開設準備室にいたところ

外からトトロの曲が流れてきました。

 

三階からのぞいたところ

今日の朝書いた交通安全の

パレードでした。

これは!!!

 

 

遅すぎました・・・だいぶ距離がある・・・

ピーポ君・・・・・

すべて、後姿

赤い狸?猫?緑のは何のゆるキャラなのでしょうか?

悔しいです(; ・`д・´)