トライアンフ東京

トライアンフ東京 月別アーカイブ

観葉植物

ベランダで家庭菜園しようとして

何回か失敗した花田です。

 

ベランダで家庭菜園するの流行したとき

ありましたよね。

 

で、ホームセンターで、イチゴ買って

育てたのですが

速攻、病気になってしまって

それっきりやめてしまいました。

病名は『うどんこ病』

 

あの手、この手をネットで検索して

頑張ってみたんですけど。

可哀想なことをしてしまいました。

 

さて、トライアンフ東京では

心配なことがあります。

 

お店の観葉植物さんが元気ありません。

栄養剤を植木にさして

葉っぱにも水あげているんですが・・・

 

 

日に当てるべきなのでしょうか?

それとも、愛情が足りないのでしょうか?

 

 

観葉植物は、育てたことないので

お詳しい方、アドバイスください(´;ω;`)

 

 

 

Moto2 powered by Triumph

ヴァレンティーノ・ロッシマルク・マルケスカル・クラッチローなど名立たるライダーがプライドをかけて戦うMotoGP

そのトップカテゴリーを目指す「世界に最も近い日本人ライダー」中上貴晶選手らが活躍するMoto2。

そのMoto2は、レギュレーションで各マシーンが同じエンジンを使用するよう定められていて、現在はHONDA製600ccのワンメークとなっています。

そんな状況に、ビッグニュースが飛び込んできました。

かねてからの噂通り、2019シーズンよりTriumphがMoto2にエンジンを供給することが決定し、本日正式に発表されました。

排気量765ccのこのエンジンは、ブランニューモデル「Street Triple」に採用されているものをベースに、より吸気効率を高め、更に高い回転数を可能にするために開発されました。

その結果全体のパフォーマンスが向上します。

レース向けにエンジンを適合させるために以下の改良を加えています;

  • 最適化されたガス流量確保のために改良された吸気、並びに、排気ポートを備えたモディファイドシリンダーヘッド
  • より高回転を実現する、チタン製バルブ、および、強化バルブ スプリング
  • 慣性力を軽減する低出力レース キット オルタネータ
  • よりギア比の高い1速ギア
  • レース専用調整式スリッパー クラッチ
  • Magneti Marelli との共同開発による、レース専用ECU
  • 改良型エンジン カバーによるエンジン全幅の低減
  • ヘッドへのオイル流量確保の為の新型サンプシステム

新エンジンは、2014年、2015年に、マン島TT、デイトナ200、ブリティッシュ スーパースポーツ チャンピオンシップにおいて、数々の勝利をもたらしたDaytona 675Rエンジンの大幅な発展型となります。

2019シーズンが待ち遠しいですね。

この機会に(?)是非Street Tripleの魅力をトライアンフ東京にてご体感ください。

試乗車をご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

R.I.P.  #69 Nicky

 

加賀

bonneville by TAKA.MASUI

その撮影をしていただいた「バイク乗りのような出で立ちの、オシャレなカッコいいカメラマンさん」は増井貴光氏です。

撮影していただいたTokyo Limited Cafe Racers の画像も近日中にご紹介できると思います。

 

ところで、Takaさんこと増井さんの写真集「bonneville」が6/23(Fri.)に発売されます。

作品の一部を転載させてもらっちゃいます。

カッコイイ作品ばかりです。

また、写真集発売当日から7/14(Fri.)まで千駄ヶ谷のSLOPE GALLERYにて、写真展「TAKA.MASUI bonneville EXHIBITION」を開催されるそうです。

みなさま是非足をお運びください。

僕(加賀)も行ってみようと思っています。

Takaさんからご案内のハガキをいただいた時に、ふと思い出した動画があります。

YouTubeで視聴可能ですので、今度ご紹介させていただきますね。

撮影

毎日、てっぺん回るまえには

夢の中

花田です。

 

先日、撮影が

入っておりました。

バイク乗りのような出で立ちの、

オシャレなカッコいいカメラマンさん

 

 

限定車の撮影をしていたのですが、

 

私は聞いてしまった。

 

 

「はけてもらっていいですか?」

 

業界用語ですよね?この言葉って(*’ω’*)

生で聞いたの初めて♪♪

 

そんなことを、ひそかに思いながら

ちょっと目を離したら撮影は表に

 

ん?

 

 

んん??

 

 

あれは、安齋先生!!

カメラアシスタントしている!

 

もう、転職ですかーーーー(;´Д`)

 

 

しかし、なかなか様になってますね(´艸`*)ププ

 

続く

 

 

 

 

スラクストンで、松本へ

こんにちは!

元松本市民の加賀です。

離れた後も、年に一度は帰る街、松本。

そう、やはり今でも私にとってここは「訪れる」のではなく「帰る」場所なんです。

去年の夏もスラクストンで帰省しました。

宿で荷を解き、すぐ近くの「地ビールバー」へ。

バーテンダーの方も、カウンターで相席したお客さんも、私と同じこの街にある大学の出身でした。

このバーは19時でCLOSEなので、そのまま2軒目もご一緒させていただきました。

ちょうど本山雅のゲームがあった夜でした。

アウェイ(山口)だったので、街中のスポーツバーは会場に行かれなかったサポーターたちでグリーンに染まっていました。

この日は惜しくもドローで勝ち点1。

お店を出ると、女鳥羽川越しに花火が!

やはりこの街にいると、いつもなにかスペシャルなことが起こります。

5 日間のツーリング、最後の夜でした。