トライアンフ東京

試乗車情報 Thruxton RS

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05

スラクストンRS

Triumphが誇るThruxton Rの持ち味をすべて受け継ぎ、シリーズ最高スペックを身に纏ったRS。カフェレーサーならではのハンドリングとモダンなスタイルに磨きをかけ、秀逸なフィニッシュとディテールで見る人をうならせます。

Thruxtonの新設計1200ccエンジン、その大幅な性能向上の秘密に迫ります。詳細はこちら

シャシーとテクノロジー
開発当初から目標として掲げられていたのは、ダイナミックで自信溢れるハンドリングとスポーティな本格派モダンロードスターの走りでした。新型Thruxton RSは、そのスリリングなハイパワーを各種装備と最新技術で受け止め、一時代を築いた元祖カフェレーサーが新次元へと進化した姿を見せつけます。

シャシーとテクノロジーの詳細はこちら

正統派カフェレーサー THRUXTON
現在のモダンクラシックシーンを賑わせているバイクの中にはカフェレーサーを標榜するモデルが数多くありますが、正統派カフェレーサーと呼べるのはThruxtonだけでしょう。 そのThruxtonがさらなる進化を遂げ、 Thruxton RSとなって登場しました。 純然たるスタイルと乗り味、そして元祖カフェレーサーのDNAを色濃く反映したニューモデルが、新次元のパワーとパフォーマンスを発揮し、現代のロードシーンを駆け抜けます。

詳細はこちら

エンジンの大幅な改良をはじめ、一段と進化した新型Thruxton RS。最高出力は8PS向上し、これまでより低い回転数で最大トルク112Nmを発生、かつてないほどの優れたレスポンスも実現しつつ、アイコニックなレジェンドの雰囲気も漂わせます。

新型Thruxton RSは、Triumphが誇るThruxton Rの持ち味をすべて踏襲しながら、俊敏で直観的なハンドリングとコンテンポラリーなスタイルを一段とアップさせました。独創的なフィニッシュとディテールも魅力です。
スポーツ性能を重視した専用シャシーにハイスペックなサスペンションを組み合わせ、レース由来のタイヤを履き、プレミアムなBrembo製M50フロントブレーキを搭載。

ライダーをアシストするテクノロジーもアップグレードし、現代のThruxtonに求められるエキサイティングでスポーティな走りを実現します。驚かされるのは装備だけではありません。大幅な改良を施したThruxton 1200cc 並列2気筒エンジンはレスポンスが向上、最高出力は105PS @ 7500rpmにアップ、最大トルク112Nmは、これまでより700rpm低い回転数で発生します。

Thruxtonという誇り高いモデルをさらなる高みへと押し上げるため、すべてを突き詰めて誕生したニューモデルが、Triumphカフェレーサーの歴史に新たな息吹を与えます。進化したレジェンドの姿、それが新型RSです。

【エンジン、トランスミッション】
タイプ 水冷SOHC並列2気筒 8バルブ270°クランク
排気量 1,200 cc
ボア 97.6 mm
ストローク 80 mm
圧縮比 12.066:1
最高出力 105 PS (77 kW) @ 7,500 rpm
最大トルク 112 Nm @ 4,250 rpm
システム マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エグゾーストシステム ブラッシュ仕上げ2 into 2エキゾーストシステム、ブラッシュ仕上げツインサイレンサー
駆動方式 Oリングチェーン
クラッチ 湿式多板、アシストクラッチ
トランスミッション 6速