トライアンフ東京

試乗車情報 New SpeedTripleRS (2018)

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05

【史上最高のSPEED TRIPLE】
史上最高のパワフルさと俊敏さ、進化したレスポンスとテクノロジー。新型Speed Triple誕生。

・疾走する新型スピードトリプル
史上最高にパワフルでレスポンスに優れたSpeed Tripleが誕生しました。日本市場には最上位モデルのSpeed Triple RSが導入されます。
エンジンの大幅刷新と軽量化を実現し、最先端テクノロジーを搭載。アイコニックな3気筒1050ccエンジンがこれまでより長く力強く回転するようになったことで、持ち前の俊敏さと切れ味抜群のハンドリング、狙ったポイントを逃さない正確さに一層磨きがかかりました。

やみつきになる走りで新次元を切り拓くSpeed Triple。独特の低めのノーズと卓越したハンドリング、秀逸な仕上がり、3気筒が奏でる圧倒的なサウンド。これこそ、史上最高のSpeed Triple。

新型ストリートトリプルの概要はこちら

【新型SPEED TRIPLE RSモデルの特長:SPEED TRIPLEのエンジンを大幅刷新】
切れ味鋭いハンドリング、優れたパフォーマンス、独特の佇まい、アグレッシブなスタイリングが理想のバランスで融合し、世界中で人気を博した元祖ストリートファイター。その持ち味を新世代の3気筒1050 ccエンジンが新次元に引き上げます。

最高出力は7%向上して150 PSとなり、先代モデルより10 PSアップ。最大トルクは4%向上し、7,150 rpmで117 Nmとなりました。 新世代の3気筒1050 ccエンジンはこれまで以上に長く力強く回転し、レッドゾーンが1,000 rpm高くなったほか、スロットルレスポンスが向上し、3気筒エンジンならではのスムーズでリニアなパワー伝達を実現します。

RSモデルには排気の流れがスムーズになった新設計のエキゾーストとプレミアムなArrow製チタンサイレンサーを装備。
ギアボックスも改良し、段階式スリップアシストクラッチを採用、さらに軽量化も実現。低めのノーズが印象的な佇まい、
ハンドリング、スタイリングなど、どれをとっても進化したマシン。史上最高にスリリングなSpeed Tripleです。

詳細はこちら

・最高に進化したテクノロジーが魅力のSPEED TRIPLE
鮮明で見やすい画面の新設計フルカラーTFTディスプレイ、エルゴノミクスに基づいた設計のスイッチハウジングにはバックライト付きボタンと直感的な操作が可能な5方向ジョイスティックを装備、ライディングモードは最大5種類、加えてクルーズコントロールを標準装備。Speed Tripleが受け継いできた乗り味を新型RSモデルが格段に高めます。

最上位モデルのSpeed Triple RSは装備が充実しています。コーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールを搭載し、新設計の慣性計測ユニット(IMU)で走行中のリーンアングルを絶えず監視します。RSではライディングモードにTRACKが追加されるほか、ラップタイマーやキーレスイグニッション、キーレスステアリングロックも使用できます。

新型Speed Tripleのラインアップは間違いなく、かつてないほどスマートで進化したテクノロジーを誇るマシンです。

詳細はこちら

Speed Tripleのストーリーはこちら

新型ストリートトリプルのスペックは<a href="">こちら</a>