トライアンフ東京

試乗車情報 Bonneville Speedmaster (2018)

  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05

秀麗な正統派の英国クラシックカスタム

Bonneville のラインアップに新風を吹き込むニューモデル、Bonneville Speedmaster。存在感あるゆったりとしたたたずまい、前方寄りのフットレスト、スウェプトバックスタイルのビーチバー、座り心地の良いピリオンシート。英国クラシックカスタムの雰囲気を十二分にまとった新型Speedmasterがリラックスできるライディングスタイルを実現します。

ハイスペック化されたライダー重視のテクノロジーと秀逸なエンジニアリングを融合し、卓越した操縦性・快適性・制御性をもたらします。新型Speedmasterはその造形美も魅力のひとつ。ヘッドライトナセルのエレガントなディテールを始めとし、工夫を凝らした数々のアイテムでプレミアム感を演出。Bonnevilleが受け継ぐクラシックモデルのDNA、一目で分かるスタイリングエッセンスに加え、最大の武器となるのはBonneville Bobber専用エンジンチューンで発揮する高トルクとハードテイルルックのスタイリングです。

新型Speedmasterは、Bonneville T120に優るツーリング性能とゆったりとしたスタイルを愉しみたいというライダーの希望を叶えるマシン。快適性と機能性に優れたタンデムシートも装備しています。さらに、Bonneville Bobberの風貌、定評ある高トルクエンジン、ホットロッドの走りと豪快なサウンドを楽しみながら、機能性と実用性も外せないという欲張りなライダーの期待にも応えます。

ボンネビルスピードマスターの詳細はこちら

大幅に刷新されたBonneville SpeedmasterにはTriumphが誇る1200 ccエンジンを搭載。発生するトルクはクラストップでBobber専用のエンジンチューンとマッピングを採用。最大トルクは4000 rpmで106 Nm、2015年式Triumph Speedmasterより42%アップ、最新のBonneville T120より10%アップという驚きの数値です。

ツインエアボックスにツインフィルターを装備したデザインで容量を最適化。ブライトクローム仕上げのステンレス製エキゾーストシステムはツインスキンスタイルとし、キャタライザーを目立たせない巧みなレイアウト。ブライトクローム仕上げのサイレンサーからは、重低音の豪快なエキゾーストノートが響き渡ります。