トライアンフ東京

トライアンフ東京 セールス

「初夏のスペシャルツーリング」レポート 後編

ワイナリーを出発した一行は勝沼の街を抜けて、いよいよワインディング・セッションに突入です。

まずはフルーツラインに向けて左のウインカーを点滅させます。

ところで「フルーツライン」って、これまた素敵なお名前ですこと。

さすが全国で唯一、都道府県名に果物が入っている山梨県ですね。

ぶどう畑が広がる盆地となだらかな丘を左側の眼下に眺めつつ、快走するトライアンフたち。

 

途中からR411大菩薩ラインに入り、柳沢峠を目指します。

キレイナライディングフォーム

先頭を走りながら「富士山がきれいに見えたら峠の茶屋でストップだけど、見えなかったらスルーかな~?」と迷っていました。

結局富士山は見えませんでしたがストップ。 short rest and roll call

そういえば、カフェレーサー率が高かったですね。

全員がそろったところでリスタート、さらに1時間弱のダンスを楽しみながら一気にランチスポットを目指します。

今回お世話になったのは、丹波山村水源公園の中にある やまびこ食堂さん。

全員が麺を選んだのですが、そばはのど越しがよく、うどんはしっかりとコシがあり、サクッと揚がった天麩羅と相まってどちらもとってもおいしかったですね。

また、配膳ではみなさんに手伝っていただきとっても助かりました。   チームワークバツグン!

食後はお約束(?)のじゃんけん大会。

華さん、トライアンフジャパン、そしてトライアンフ東京から提供のプレゼントをめぐり、楽しく盛り上がりました。

進行とじゃんけん役は華さん。

ありがとうございました!

そのあとは河原におりて、この日2回目の記念撮影。

と、撮影者も含めての集合写真。

さぁ、出発です。

5分ほど走り、例のカフェの前を通過します。

マスターや店のお客さんたちが沿道に出て、カメラを片手に手を振ってくれてます。

こちらも負けじと、ピースサイン! シテルトコハ ウツッテナイ

丹波RIVERさん、いつもサポートありがとうです!
さて
まだまだ、ワインディングは続きます。
その後は、それぞれライディングに集中!
小休止を挟みつつ
ひた走り

ちょっとだけ渋滞もありましたが

 

それも見越したルート設定だったので、しばらく待てば再び快走です。

流れ解散しつつ、本隊は17時半ころトライアンフ東京へ帰着しました。

留守番のスタッフへのお土産をいただいちゃったり、冷たいドリンクでのどを潤していただいたり。

まるまる1日一緒に走れば、もはやおたがいMATE。

2Fのラウンジでは、参加ライダーどうしで自然発生的にノンアルコールでの「プチ打ち上げ」が始まっていました。

 

ご参加いただいたみなさま「初夏のスペシャルツーリング」お楽しみいただけましたか?

至らぬ点も多々ありましたが、ご協力いただき本当にありがとうございました!

次回以降も、ぜひご参加ください!

前編・後編を通じ、このブログにアップされている画像は、ほぼ全てご参加いただいた方々ならびにサポートいただいた方々の提供によるものです。

もう一度言わせてください。

「ありがとうございました!!」

そして…

これからもトライアンフ東京では定期的にツーリングを企画いたしますので、今回はご参加いただけなかった方々からのお申し込みも心よりお待ちしております。


トライアンフ東京 初夏のスペシャルツーリング

2018年5月27日(日)

参加ライダー:27名(オーナー様21名、スタッフ6名)

Special Thanks to…

采女華さん(スペシャルゲストライダー)

和泉さん(サポートライダー:アイエヌシー)

平井さん・松本さん(サポートライダー:トライアンフジャパン)

ルミエール(ワイナリー見学)

やまびこ食堂(ランチ)

丹波RIVER(サポートカフェ)

and more…

 

 

トライアンフブログランキング参加用リンク一覧please click !