トライアンフ東京

トライアンフ東京 セールス

Moto2 Engine

Street Tripleに搭載されている765ccトリプルエンジンが、2019シーズンからMoto2に採用されることは、みなさんご存知だと思います。

福島のNTSが運営母体となるRWレーシングなど、Moto2を転戦している各チームは目先のレースに向けてのHONDA製600ccエンジンのセットアップと、来シーズンに向けてのTRIUMPH製765ccエンジンのテストを同時進行させているのではないでしょうか。

この採用エンジン変更について ここ数週間は取り立てて大きなニュースはありませんでしたが、MotoGP オフィシャルFacebookでは、チラッチラッと情報が提供されています。

例えば、数日前のこんな投稿。

Preparation is key! 💪

What better way to develop the new 2019 #Moto2 machine than having former World Champion Julian Simon onboard!

万全の準備がカギを握る。

2019 Moto2 マシーンの開発は、元世界王者Julian Simonのライディングにより進められている。

このマシーン開発おいて、彼以上の人選はない。

これに対し、真っ先にコメントを寄せたのが Jeremy Kiddさん。

「わが敬愛するトライアンフよ、この開発マシーンに灯火類とナンバープレートを装着して販売してください。」とのこと。

確かに!

それは、われわれも全くの同感です。

さらには、こんなコメントも。

「HONDAは乗用車を、YAMAHAはピアノを、KTMは自転車を生産している。やっとモーターバイクフリークたちだけに向き合っているリアル・モーターバイク「トライアンフ」がサーキットに現れる。」

はい、その通りです。

ランジェリーは作っていません!!

 

そして、昨夜にはこんな動画も。

Testing is underway ahead of 2019

The future is now! 🏁Julian Simon has been putting the 2019 #Moto2 engine through it's paces at Aragon! 🔥

MotoGPさんの投稿 2018年5月9日(水)

The future is now! 🏁

Julian Simon has been putting the 2019 #Moto2 engine through it’s paces at Aragon! 🔥

素晴らしいサウンドですね。

2019 Moto2、楽しみすぎます!

 

 

 

トライアンフブログランキング参加用リンク一覧please click!